ナショナル・バイオリソース・プロジェクト

厳選リンク集

NBRP 情報公開サイト(日本語・英語)

米国 University of Rochester にあるアフリカツメガエル関連のリソースセンター。

生体のカエルのほか、抗体や培養細胞株も扱います。

"The University of Rochester is home to the world's most comprehensive resource specializing in the use of the amphibian Xenopus laevis for biomedical and immunological research. Several genetically-defined inbred strains and clones are available for study."

(2018.1.9 更新)

ネッタイツメガエルとアフリカツメガエルの生物学情報の中心的サイト。

遺伝子・ゲノム関連や解剖学など多くの情報とツールが揃っており、長くツメガエルを用いた研究をしていたら、必ずお世話になると言ってよいお役立ちサイトです。年々充実度が上がっています。

米国 Cincinnati Children's Hospital の Aaron Zorn 博士とカナダ University of Calgary の Peter Vize 博士を中心としたチームで運営されています。

(2018.1.9 更新)

日本のツメガエル類の研究者コミュニティ 「日本ツメガエル研究会 (XCJI: Xenopus Community in Japan) のサイト。

サイト内に共同研究を仲介してくれるページがあるなど、新規にツメガエルを用いた研究をご検討の方にも役立つサイトです。

(2018.1.9 更新)

(英語)

(日本語)

NBRP ネッタイツメガエルの中心的拠点。

世界でも珍しい両生類に特化した研究施設であり、両生類の発生・生理・分類・生態を含む幅広い研究が精力的に行われています。

ネッタイツメガエルとは別事業で本邦産の両生類などの保存と提供も行っています。

広島大学総合博物館の機能を一部担っており、建物1階は生きたカエルや標本が一般公開されています。

広島大学の名所であり、ノーベル賞受賞者から地域の幼稚園生まで、一年を通じて様々な来客があります。

(2018.1.9 更新)

NBRP 情報センター(国立遺伝学研究所系統生物研究センター系統情報研究室)が運営する NBRP 全体の総合情報サイト。

NBRP 事業全体および NBRP が扱う全生物種の中核的拠点について取りまとめてあります。

生物遺伝資源・実験用生物材料に関する情報公開サイトのURL集」のサイトや「NBRP のリソースを利用した研究の論文リスト (RRC)」のサイトなどへのリンクがあります。

(2018.1.9 更新)

  1. 当プロジェクトについて

  1. 厳選リンク集

  1. ユーザー交流

  1. ノウハウの提供

  1. カエル・DNA など
    バイオリソースの提供

ネッタイツメガエル

収集・保存・提供

NBRP

NBRP_X._tropicalis_Top_Page.html
  1. ウェブツール

  1. お問い合わせ