../../../../NBRP_Clawed_frogs_Newts_Top.html
 

チロシナーゼ遺伝子はメラニン色素の合成に関わっているために、この遺伝子のノックアウトが成功した場合、黒い色素が欠如し、白くなることが期待されます。通常、ネッタイツメガエルを用いた CRISPR/Cas9 法では全ての細胞の遺伝子が壊されることはなく、正常細胞とノックアウトされた細胞のキメラ個体となります。本キットはチロシナーゼ遺伝子を標的とした gRNA、ベータガラクトシダーゼの発現を可視化するために必要な固定液と発色液および基質である X-gal を含みますが、Cas9 は含みません。キットには以下の溶液が含まれています。キットの説明はこのページからダウンロードできます。

  1. 1.gRNA for tyrosinase と gRNA for nuclear-localized β-galactosidase を混ぜた液
    (各 100 ng/µl), 2.5 µl x 2

  2. 2.固定液(2% formaldehyde, 2 mM MgCl2, 1.25 mM EGTA, 0.1 mM Hepes (pH 7.4), 2.5 mM NaOH), 1.2 ml x 2

  3. 3.発色液(0.7 x PBS, 2mM MgCl2, 0.02% NP-40, 0.01% Sodium deoxycholate, 5 mM K3[Fe(CN)6], 5 mM K4[Fe(CN)6]), 1.2 ml x 2

  4. 4.2 % X-gal in dimethylformamid, 120 µl

  1. Japanese / English