Page 1 / Page 2 / Page 3

ナショナル・バイオリソース・プロジェクト

  1. 当プロジェクトについて

  1. ユーザー交流

  1. ノウハウの提供

  1. カエル・DNA など
    バイオリソースの提供

ネッタイツメガエル

収集・保存・提供

NBRP

NBRP_X._tropicalis_Top_Page.html
  1. ウェブツール

  1. お問い合わせ

ツメガエル飼育用かけ流し式水槽(3段仕様)の作製

ツメガエルを利用した研究を進めるためには、個体を健全な状態で飼育維持しておく必要があります。ツメガエルは両生類ですが、魚類と同様に生活史を通じて水中生活を送るため水槽での飼育が可能です。最も原始的な方法は手作業での水替えを行うことですが、循環式あるいは掛け流し式の水槽システムを用いることでより簡便に飼育することができます。

完成したシステムは業者から入手可能ですが、ここではホームセンターなどで入手可能な部材で水槽システムを自作する方法を紹介します。

  1. 工具・材料の入手

  2. 材料の多くはホームセンターあるいは、ネット通販で手に入れることができます。ただし、研究者自身がホームセンターなどに出向いて一度に購入するのは大変なので、ネット通販の利用をお勧めします。私は公費払いが可能なネット通販、モノタロウを利用しました。

  1. 工具

  2. 電動ドリル・ホールソー(外径22mm):貯水タンクの穴あけ(二ヶ所)のみに必要なのでレンタルができればベスト。

  3. モンキーレンチ

  4. ノコギリ:コンパネ(コンクリートパネル:コンクリート型枠用の安価なベニヤ合板)の端材を加工するのに使用。

  1. 材料のリスト

  2. ここをクリックするとリストが別ウインドウに開きます。

  1. 装置の組立

1. メタルラックを組み上げる。

ドウシシャ製ルミナスホームラックを組み上げます。幅91.5×奥行35.5×156.5cm、5段のものに加えて、高さを延ばすためにオプションの延長用ポールを追加しています。

各棚の間隔はポールの目盛で12目盛(約27 cm)とします。以下の順番でスリーブを設置して棚をポールに固定します(スリーブは二つの目盛にまたがって取り付けるようになっています)。

2. コンパネを購入し、カットする。

水槽の設置と排水を兼ねるコンパネ板(普通合板 厚さ12 mm、JAS規格品、あるいはそれに準ずるもの)を購入し、適切なサイズにカットします。カットはノコギリ等を使っても可能ですが、大変なので購入したホームセンターに依頼した方が良いです。カットのサイズは下記図面になります(図面のPDF)。3.プラスチック板を切断し、コンパネに接着する。
コンパネを水槽台として利用するために、プラスチック板を適切な大きさに切り取り、コンパネにスプレー糊と両面テープで接着します。隙間にはシリコンコーキング剤を充填します。

プラスチック板(アクリルサンデーPPクラフトシート厚さ0.75mm、565 mm×980 mm)の切断サイズは下記の図面になります(図面のPDF)。これを3段分用意します。

残りの1枚は底板の部分に張りつけるため、底板のサイズ(342mm×835mm)にカットします。

⑤一番上の目盛から数えて1、2番目の目盛(天板)

④一番上の目盛から数えて13、14番目の目盛(上段の水槽棚)

③一番上の目盛から数えて25、26番目の目盛(中段の水槽棚)

②一番上の目盛から数えて37、38番目の目盛(下段の水槽棚)

①一番下の目盛(貯水タンクとポンプを設置する棚)

2
3
1
4
5

大学近くのホームセンターでは1,480円/枚で販売。JASコンパネでなくとも良い。

PPクラフトシートはコンパネ板を物差し替わりにしてカッターである程度切り込みを入れ、折り曲げてカッターの刃を入れると綺麗に切れます。

切ったシートのうち大判のもの(410mm×835mm)はスプレーのりをまんべんなく塗布したコンパネに張りつけます。残りのシートはコンパネの側面に両面テープで張りつけます。

部材を張りつけた後、シートの隙間にコーキング剤を充填します

早稲田大にて作業中の様子 写真は加藤先生@早大ご提供

Page 1 / Page 2 / Page 3

  1. 3段仕様

  1. 飼育システムの作り方

生体リソース責任者・井川 武

お問い合わせは左サイドバー「お問い合わせ先」へ

  1. 表示に不具合がある場合は、キャッシュを破棄したのちページを再読み込みしてみて下さい。